topimage_01

鹿児島県立国分高校同窓会 桜陰会

本部


国分高校110周年

国分高校同窓生の皆様

国分高校は令和5年に創立110周年を迎えます。また、建設中の新校舎も完成します。
国分高校同窓会「桜蔭会」は、学校・PTAとともに110周年事業を実施いたします。
事業内容は趣意書のとおりです。母校国分高校とそこで学ぶ後輩諸君の為に、多くの同窓
生の皆様のご理解・ご協力、そしてご寄付をお願いいたします。
詳細は会長挨拶、趣意書など添付の資料をご覧ください。

 

————————————————————————————————————————————-

令和4年11月吉日
鹿児島県立国分高等学校同窓会「桜蔭会」会員各位
国分高校同窓会桜蔭会
会長中村正人
(第.32期昭和和55年卒)

鹿児島県立国分高等学校創立110周年事業へのご協力について(お願い)

時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。かねてから母校国分高校及び同窓会「桜蔭会」の運営、
事業に多大なご協力をいただき、誠に有難うございます。’
さて、2013年に創立100周年を迎えた母校国分高校ですが、早いもので来年は110周年を迎えようとしてい
ます。
この10年、桜蔭会では100周年記念事業で皆様からいただいた寄付金を原資に、国分高校のさまざまな活動
をささえることを目的に、教育振興・人材育成補助事業として毎年100万円の補助金を交付するなどの支援を
してまいりました。学校・生徒もその期待に応え、文部科学省のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)指
定の獲得、研究に対する文部科学大臣賞受賞、国際会議への参加など、特に科学研究部門ではめざましい成果
を上げています。(別添資料をご参照ください。)この教育振興・人材育成補助事業は学校・PTAから今後の継
続を強く要望されております。
また、令和5年度は、現在建設中の新校舎が完成し、国分高校の新たな歴史がこの校舎と始まる記念すべき年
となります。しかし、少子化が進行している現在、学区の変更や高校の統廃合などは、学校の経営や存続に大き
な影響を与えており、国分高校としても、より魅力的な高校を作り上げて進学希望者の増加を実現することが
喫緊の課題となっています。
今般、国分高校創立110周年を迎え、また、新校舎完成という新たな節目にあたり、国分高校同窓会「桜蔭
会」では、母校の応援団として別添趣意書にありますとおり「創立110周年事業」を学校・PTAとともに進
めることといたしました。
同窓生の皆様には、ご多用のところ誠に恐縮とは存じますが、この事業の趣旨にご賛同いただき、ご協力を
いただきますようよろしくお願いいたします。
事業内容についは趣意書に記載しております。桜蔭会ホームページやFacebookからご覧いただいている皆
様は、別添の寄付金振込説明書をご一読いただき、たくさんの皆様のご協力を重ねてお願いします

問合せ先
〒899-4332
鹿児島県霧島市国分中央二丁目8番1号
鹿児島県立国分高等学校桜蔭会事務局
事務局長平山拓磨(第34期昭和57年卒)
Tel0995-46-0001 FAX0995-46-0002

 


 

鹿児島県立国分高等学校創立110周年
桜蔭会実施事業趣意書

国分高校同窓会桜蔭会会長
創立110周年事業実行委員会委員長
中村正人(第32期昭和55年卒)

・はじめに
私たちの私たちの母校、鹿児島県立国分高等学校は、令和5年に創立110周年を迎えます。
桜蔭会では、諸先輩方をはじめとする同窓会会員の皆様には、常々、そしてその時々の節目でたくさんの
ご理解・ご協力をいただきながら、母校の発展に寄与するさまざまな事業を進めて参りました。
中でも100周年記念事業として始まった人材育成のための助成事業では、課題研究大会への参加助成など、
現役生徒の国際的活動を支え、その目的を果たして参りました。
しかしながら、進む少子化の中での生徒数の減少、学区の変更や統合など、県立高校を取り巻く大きな変
動が将来的に予測されており、母校国分高校でも生徒数の確保が喫緊の課題なっています。そのためには.
母校の魅力をさらに充実させていく必要があります。
さて、令和5年は創立110周年を迎えると同時に、現在建築中の新校舎が完成予定であり、新たな校舎で
後輩たちが学び始めます。この記念すべき年に、国分高校同窓会「桜蔭会」では、学校及びPTAと協力し
ながら、母校の魅力を高め、応援することを目的に以下の事業を実施いたします。
同窓会会員の皆様には、誠に恐縮とは存じますが、何卒ご理解・ご協力をお願いいたします。

・創立110周年事粟について以下の事業を実施します。
①記念式典新校舎落成・供用開始と併せて記念式典を開催します。
②亡師亡友の碑等の移設新校舎建設に合わせて.亡師亡友の碑などを新校舎横に移設します。
③懸垂幕用枠の新設旧校舎が取り壊されるため、懸垂幕掲示枠を新たに新設します。
④新校舎教室へのエァコン設置への補助.
(但し、この負担額の財源は、P丁Aが110周年事業費財源として積み立てた積立金をあて
ます。)
⑤新校舎建設で伐採された銀杏の木の活用。木製ベンチを作ります。
⑥人材育成のための助成事業
100周年事業で開始した人材育成助成事業を今後10年間継続します。』
(年間100万円10年間助成)

・経費と財源について
④を除いた必要経費は合計1,700万円を見込んでおり、その財源は、桜蔭会会計からの繰入金及び同
窓会会員の寄付を財源といたします。

・寄付について
一ロ5,000円とします。何ロでも結構ですので、別添寄付金振込説明書をお読みになり、指定ロ座に
振り込んでください。
募集期間は令和5年4月末を締め切りといたします。

※昨今の時勢のなか、ご無理をお願いし誠に恐縮ではございますが、母校発展のために是非ともご協力い
ただければ幸いです。

 


国分高校同窓会「桜蔭会」110周事業寄付金振込説明書
寄付金振込手順

1 振り込まれる同窓生の卒業年、お名前を把握するために、振込前に下記メールアドレス
にメールをお送りください。
メールの題名は「国分高校110周年寄付」とお書きください。
Email:Oinkai110@gmail.com

1文字目は大文字の0(オー)です。ご注意ください。
(メールにご記載いただく内容)
①お名前(旧姓)
②卒業年
③振込元の口座名義人名
④振込予定日及び寄付金額
⑤ご住所(任意です)
⑥電話番号(任意です)
⑦その他メッセージがあればお願いします。
2 振込先
金融機関名 鹿児島銀行
支店名   国分支店
ロ座種別  普通ロ座
ロ座番号  3158338
ロ座名義人 桜蔭会周年実行委員会会計鶴丸雅人
振込先は「オウインカイシユウネンジツコウイインカイ」と
表示されます。

3 母校への応援メッセージなどは、110周年式典等でご披露させていただきます。
ご注意
学年幹事を通じて、ご住所がわかっている同窓生の皆様には、12月に封書で依頼文書
等をお送りしてあります。こちらはゆうちょ銀行の振込伝票での寄付となっています。ど
ちらでご寄付いただいてもかまいませんが、ATMやネットバンキングなどで振り込まれる
際は、2の振込先をご利用くださるようお願いいたします。

 

 

 

 

第6回桜蔭会ゴルフコンペ参加者募集!!

10月7日(日)溝辺カントリー

8時35分スタート

参加費2000円

プレー費10,000円程度

各賞及び参加賞あり

お問い合わせは 090-1347-5780-1347(赤塚まで)

平成29年度桜蔭会 2017/8/19

生成29年度桜蔭会総会が8月19日(土)京セラホテルにて開催されました。本年度幹事学年平成3年卒から平成4年卒へ桜蔭会旗が手渡され来年総会開催の抱負が述べられました。また、本年度から還暦学年の旗の受け継ぎも行われました。還暦学年はこくぶ夏まつりにてこの旗の下総踊りに参加することになっています。

◎平成29年度「桜蔭会」総会について

国分高校同窓会(桜蔭会)の29年度総会が

下記の通り開催されます。同窓生を誘って是非ごご参加下さい。

1 日時:平成29年8月19日(土)
受付 午後3時~
総会・懇親会 午後4時30分~午後7時30分

2 場所:ホテル京セラ 霧島市隼人町見次1409-1
TEL(0995)43-7111

*参加の申し込みは各学年幹事にお問い合わせ頂くか、不明の場合は国分高校(09959-46-0001)までご連絡下さい。

 国分高等学校同窓会(桜蔭会)は、高女時代の卒業生3600人余、高校になってからの卒業生1万7千人余、合計2万1千人余りの会員が各分野で活躍し、会員相互の親睦や母校の後輩への激励・援助にも積極的に活動しています。  平成25年には創立100週年を迎え、同窓会支部組織の強化、同窓会発展のために活動しています。また、毎年総会を開いて会員の親睦にも努めています。

about-ph

全てのお知らせを見る

本部
関東支部
関西支部
福岡支部
フェイスブックバナー 国分高校ホームページバナー 国分高校公式ブログバナー

ページトップヘ